キャバクラでの働き方

キャバクラで働くためには、どうすればいいのか?
もちろんまずは、働くお店を見つけなければなりません。
でも、これを探すのは簡単。
そういった夜のお仕事専門の「求人情報誌」をあたれば、いくらでも掲載されています。
その中から、勤務地や勤務時間、お給料など、自分に合ったお店を探せばいいのです。

昔はよく、街を歩いていてスカウトマンに声をかけられてキャバ嬢になった、なんて人も多かったようなのですが、今ではそのスカウトマン自体の数が激減していて、あまりこういう形で働き始めるキャバ嬢というものも、少ないようです。
ほとんどが、今説明した「求人情報誌」やホームページを見て働き始めるようなのです。ちなみに名古屋キャバクラ求人情報スタジオVを見てみると、かなり丁寧に説明されています。こういったお店なら安心度が高いと思いますので、ホームページの内容を参考にして実際に面接に行くかどうか検討してみるのも良いと思います。

そうしてお店を見つけたら、電話をし、面接を受けます。
「面接の時には、やっぱりキャバ嬢らしい服装やメイクの方が、受かる確率は高いのかな?」
そう思われる人も多いかもしれませんが、実は、そうでもないようなのです。
今のキャバクラでは、「ちょっと素人っぽい子」の方が人気が出るようなので、高級店の面接を受ける場合以外は、むしろそのまま「素人感」を全面に出した方が良いかもしれません。

面接に受かれば、あとは初出勤日を決め、働き始めるだけ。
最初はお店の人が色々とレクチャーしてくれるので、初めての人でも安心して働くことが出来ますよ。

 

キャバクラで元気に働くためには、何よりも体力が必要です。
そのために、毎日の健康管理には必ず気を配るようにしましょう。

毎晩、夜遅くまでお酒を飲むことの多いキャバ嬢です。
そのため、肝臓を悪くする人も多いでしょう。
なので、出勤前の食事には、ウコンやレバー、さらにはしじみなど、肝臓に良いとされているものを積極的に摂るようにしましょう。
そのほかにも、ごまや卵なども、肝機能を上昇させてくれると言われていますので、毎日の食事に摂り入れて、アルコールによる肝機能の低下を防止するようにしましょう。

また、キャバ嬢という職業は仕事柄、睡眠時間なんかも不規則になりがち。
なので、肌が荒れてしまう人も多いようです。
せっかくきれいなドレスで着飾っても、肌が汚くては来てくれたお客もがっかりです。
肌のお手入れも仕事のうちと考えて、きちんとケアするようにしましょう。

肌をきれいに保つためには、何よりも保湿が大事。
仕事終わりで疲れているから、ついついお風呂をシャワーだけで済ましてしまいがちですが、これでは保湿は不完全です。
やはり、毎日ちゃんと湯船に浸かった方が、肌をきれいな状態に保つことが出来ますよ。

こういったきめ細やかな努力の積み重ねを行ってこそ、お客を喜ばせられるキャバ嬢になれるのです。